口臭を知ることから始める

口腔内のトラブルが原因

口臭が発生する原因というのはいくつかあるのですが、一番多い主だった原因としては、口腔内の衛生環境が原因と言われています。
実際、口臭の原因のほとんどがこれで、口内が清潔に保たれていないため、匂いが生じているケースが圧倒的に多いのだそうです。

例えば、口の中に虫歯ができてしまっていると、菌が膿をつくりだしますので、当然匂いが発生してきます。
また歯周病の場合も同様に、歯周ポケットの中に膿がたまっていくことから、匂いの原因になり、結局口臭が生じてしまうのです。

ですから、自分の口臭を感じたら、まずはこのような口腔内のトラブルを抱えていないか確認してみるとよいかもしれませんね。
匂いの原因が改善されれば、必然的に口臭は落ち着くことでしょう。

喉や胃などが原因の口臭

口臭が生じる原因として、口腔内の衛生環境ではなく、喉が原因で匂いが発生しているというケースも考えられます。
いわゆる膿栓が生じてしまっているのがこのケースにあたるのですが、基本的にはこの膿栓というのは誰にでもできるものです。
風邪の際などに、ウイルスや菌を退治するためにつくられた粘液や食べかすなどが固まってできたもので、そこに更に菌が生じてしまうため、それが匂いの原因になります。
基本的に、風邪のときなど一時的に膿栓が生じるのは問題ないのですが、人によってはこの膿栓が生じやすい場合もありますので、そのようなときには治療した方がよいかもしれません。

また、その他の原因としては、胃の不調が原因であったり、他の全身疾患を患っている場合なども、口臭が生じることがあります。


この
記事を
シェア

TOPへ